28才ガチニートコメディアンめしだの  「英語でComedy日誌」

28才で脱サラし、ガチニートと化した自称コメディアン”Meshida"が英語でスタンドアップコメディーに挑み、社会的弱者からの成り上がりを目指し、奮闘する日々を綴った自己満日誌

6月30日は”ニート記念日”

「よく5年もったね。予想外だったよ」

  と同僚に惜しまれず退職したから

  6月30日は”ニート記念日

こんにちわ、めしだと申します。2011年に大学を卒業し、新卒から5年とちょっと勤めた会社を誰にも惜しまれることなく退職し、2016年7月から晴れてニートになりました。心は晴れたとはいえ、もちろん人生の雲行きは怪しさ満土砂降り洪水警報の予報が鳴り響いております。

なぜならば私、めしだはコメディアンを目指すことにしたからです。不幸な事に母国語の日本語ではなく、英語でコメディアンを目指すことに決めたのです。わたくし覚悟を決めたのです。はい、そうです血迷っております。

5年前、社会人になりたての頃に英語力を上げるために始めた、スタンドアップコメディーにはまってしまった結果、このような悲しみ溢れる決断をするに至ったのです。
もちろん両親は泣いております。
しかしながらガチニートになった今、失うものはありません。いい感じに頭が少しラリって、愛と勇気だけが友達のアンパンマン的思考になり、人生がなんだか楽しくなりそうな予感がする今日この頃です。これからの人生アンパンチで行きたいと思います。ごきげんよう。

2016年7月1日
めしだコメディアン宣言